尿漏れの悩みは高齢者だけのものではありません|失禁ショーツで対策

心配せずに楽しむ

お尻

尿漏れで悩む人のほとんどが、人付き合いや旅行、スポーツなどを諦めています。失禁ショーツをはくことによって心配せずに思い切り楽しむことができます。色や形も様々で、洋服にもひびきません。

More Detail

若い女性にも起こる

ヒップ

失禁ショーツときくと、高齢者がつけるものという印象が強いですが、若い人でも尿漏れで悩み、失禁ショーツを使用することがあります。一般的に、男性よりも女性の方が若くから尿漏れになることが多いです。それは、尿道の長さが男性よりも女性のほうが短いことに関係します。若い女性に起こる尿漏れには、切迫性尿失禁というものと、腹圧性尿失禁、膀胱炎などが原因で起こるものがあります。若い女性に特に多いのが切迫性尿失禁です。その症状は、トイレの我慢ができず、トイレに間に合ってもズボンを下ろす前に漏らしてしまうこともあるというものです。原因は脳卒中などの後遺症であることや、膀胱炎が悪化することにあります。これは病院で薬を処方してもらうことで治療できます。症状が悪化してしまうと自分で尿を堪えることができないので、失禁ショーツは欠かせません。次に腹圧性尿失禁ですが、これはお腹に力を入れると漏れてしまうというものです。くしゃみや大声で笑った時など、ちょっとした衝撃で漏れることもあります。この原因は、歳を重ねることや運動不足、出産などによる筋肉の衰えとなっており、尿道をしめる筋肉が衰えて漏れてしまいます。症状が軽い場合は運動でも改善しますが、重い場合には手術が必要です。こちらも自分で抑えることはできないので、失禁ショーツを使用していざというときに備えましょう。そして、膀胱炎による尿漏れの症状は、頻度が多いことが特徴です。大腸菌の細菌が侵入してしまうことや、尿意を我慢しすぎると膀胱炎になります。また、膀胱炎以外にもストレスからトイレが頻繁になることもあります。軽度の場合には水分を多く摂取すると改善することができます。

尿漏れのサポート

女性の後ろ姿

失禁ショーツは布でできた尿漏れ用のパンツで、少量の尿なら防ぐことができます。リハビリパンツは紙でできていて、布のパンツに移行するための訓練で使用します。介護用おむつは寝たきりの人に向いています。

More Detail

尿漏れを改善する

女性

失禁ショーツを使用していても、尿漏れが酷くなってくると防ぎきれなくなります。尿道を締める筋肉を鍛えて、尿漏れを改善しましょう。尿道を締める運動は簡単で目立たないので、時間と場所を選ばず行なえます。

More Detail